自己破産個人再生手続の大阪司法書士事務所です。

個人再生と破産の違い

個人再生手続きは、借金の総額を5分の1にして、
減額された借金を支払います。

一方、自己破産は免責決定されれば、借金を支払う必要はありま
せん。

しかし、不動産などの財産は競売されたり、一定額以上の財産は
換金して債権者に配当しなければなりません・

免責決定がなされれば借金はすべてゼロになります。


ただし、ギャンブルや浪費等が多いと、免責不許可となる場合が

あります。

また、職業については資格制限があります。

一方、個人再生手続を利用すると、住宅を維持しながら借金の整理
ができま。(住宅ローンは減額されません)

免責不許可事由や資格制限はありません。


住宅を維持したい人、免責不許可事由があって免責不許可に
なりそうな場合や自己破産がどうしてもイメージ的にイヤだという
人は個人再生手続の選択も有益です。


このあたりはケースによるので相談下さい。

   自己破産  個人再生再生
借金の返済 免責決定が出れば、借金がゼロになる。

負債総額の5分の1を支払うことで、残りは免責。

住宅  家は競売に掛けられる。手放さなければならない。

 家を手放さなくていい
(住宅ローン特別条項)
職業制限
職業制限がある。


弁護士、公認会計士、税理士、弁理士、司
法書士、行政書士等、


建物取引業者、商品取引所会員、

証券会社外務員

有価証券投資顧。
生命保険募集員

警備員等

なし。
支払額
免責決定が出れば、借金がゼロになる
 借金の5分の1(最低100万円)


ただし、清算価値保障の原則に基づく



元本の一部が免除される
免責の効果 免責決定が出れば、借金がゼロになる


責決定が出れば 資格制限はなくなる
官報 掲載される

掲載される






個人再生と破産の違い

個人再生のメリット、デメリットは

個人再生のメリット

  • 自己破産ではありません。ギャンブル、浪費でも利用できます。
  • 負債の大幅な減額が可能
  • 住宅ローン特別条項を利用すれば住宅を手放さなくてすむ
  • 破産手続のような資格制限がない

個人再生のデメリット

  • 負債は大幅にカットされるが、破産手続のようにゼロになるわけではない。

自己破産のメリット、デメリットは

自己破産のメリット

  • 借金が無くなる

自己破産のデメリット

  • ギャンブル、浪費が多いと免責されない場合がある。
  • 住宅の維持が不可能
  • 免責されるまで職業制限等がある。

ページトップへ

債務整理

「額田司法書士事務所」お気軽に相談ください。TEL(06)6537-3445

【額田司法書士事務所】

  • 大阪司法書士会 額田靖之
  • 大阪市西区北堀江1-1-3
    四ツ橋日生ビル別館5階
  • TEL : 06-6537-3445
  • FAX : 06-6537-3446
  • Mail : y.nukada@nifty.com
  • 【業務地域】 
    大阪、兵庫、京都、和歌山、奈良等(近畿圏)